委員長所信

 副理事 副理事 会員審査委員長   副理事  専務理事 財務・公益審査担当理事    60周年実行委員長  総務事務局  会員研修室  地域活性室
 
  

副理事長 所信

副理事長 秋山和也

 こまつの地に青年会議所ができて60年の年月が経ちました。この間に、時代は大きく変化し生活は豊かに、便利になりましたが、地域の伝統や文化の担い手が減少し、継続が困難になってきています。地域住民がその地域の魅力を再発見し、発展してこそ地域が活性化していくと思われます。
 小松青年会議所はこれまでの“空都ビジョン”から“アクティブコンソーシアムこまつ”へと新たな出発点となる年を迎え、「明るい豊かなこまつ」へとすべく、課題に取り組み解決に向けて、主体的で能動的な行動を起こして行く必要があります。
 我々にはこれまでの先人たちが地域に根ざし積み上げた歴史があり、これまでに築き上げた信頼をもって、行政をはじめとする関係各所・諸団体と協働、連携して参りました。これからの幅広い活動を続けるためにも、これまで同様に関係を築きメンバー一人ひとりが地域社会に率先して運動を展開していくことこそ、今そしてこれからの我々、小松青年会議所がこまつの未来を創造していくと確信します。
 こまつには歴史、文化、産業と多くの魅力が存在しています。それらの魅力のルーツを知り、なぜこまつの地に根付いたのかを知ることでその価値を再認し、郷土愛を持ち、地域の魅力を発信することが地域の活性化に繋がり、こまつの未来を創造することができると考えます。
 本年度副理事長として、理事長を補佐しすべての事業活動さらには、各種大会や多くの地域活動に対して組織一丸となって取り組んでいけるよう、責務を全力で果たしてまいります。事業・活動を通して会員の資質向上と絆を深められるように、メンバーと共に切磋琢磨し、これまで引き継いできたJCの名に恥じない組織作りに努めていきます。
 最後に、小松青年会議所は60周年という節目を迎えるにあたり、新たなビジョンのもと、これまで以上に寄せられる期待を背に明るい豊かなこまつを目指し、邁進していきます。皆様の温かいご支援、ご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

 

TOPへ

  

副理事長 所信

副理事長 深田哲平

 連綿と受け継がれてきた小松青年会議所の伝統と歴史に新たな1ページを加えていく為に、本年は節目の年と言っても過言ではありません。地域の発展の為に率先して行動をしてきた先人たちに深く感謝し、敬意の念を表すべく、活発な運動を引き続き展開していく為には、メンバー一人ひとりがより地域への郷土愛を持ち、未来へ希望を掲げる若きリーダーとなり、今まで以上に地域から必要とされる魅力的な組織へと昇華させていくことが必要不可欠です。
 その為にまずは、市民や企業、各種団体と連携し、時代の移り変わりと共に変化する地域の抱える課題や問題を的確に捉えるだけの知識や見識しっかりと持ち、その解決に着手する力強い意志とやり抜く実行力を育むことが大切です。また、我々が考察する地域の魅力だけではなく、本年で30年目を迎えるソウル衿川JCとの友情を引き続き繋ぎ、海外の広い視点からも魅力や課題を見定めることで、私たちが愛するこまつがより理解できます。そして、本来目指すべきJAYCEEとしての姿を見失わない為に、理事研修会やアカデミー事業を通じて、質の向上はもちろんのこと、60周年という大きな節目を迎える今だからこそ量にもこだわり、入会年度の浅いメンバーにも発展、成長の機会を他の理事メンバーと協力しながら提供できるように導きます。
 他団体にはないJC運動の強みには、ひとづくり・まちづくりを通して徹底的に地域の諸問題を調査研究し、事業構築・実施・検証していくことが根幹にあります。このプロセスの中で、メンバー同士が互いに苦しみ、悩み、喜びを分かち合うことで絆が強固となり、延いては組織への愛情が深まり、誰もが誇れる組織に繋がるものと私は確信致します。誇れる組織には共感する仲間が自ずと増えます。我々は能動的なリーダーとして一人でも多くの同志を増やし、同じ目的に向けて行動し続けなければなりません。
 最後に本年度は副理事長として、理事長を支えることはもちろん「率先垂範」の精神で各種事業や大会に積極的に参加し、この先幾度となく訪れるであろう困難に立ち向かうだけの器量を身につけ、気概を持ってこの職務に取り組んで参ります。

 

TOPへ

 

会員審査委員長 所信

会員審査委員長 深田哲平

 会員審査を実行する上で、最も必要な命題は、まず相手を知ることだと考えます。意欲・経験・能力が異なるメンバーを同じ目的に向けて、率先して行動できるように助言や指導をして参ります。そのためにまずは、メンバー一人ひとりの悩みや問題と真剣に向き合い、互いに個性をぶつけ合いながら、資質の向上に導いていくことが必要です。また、明るい豊かなこまつの実現のために、会員拡大チームとスクラムを組み、志を同じくする仲間を一人でも多く入会につなげられるよう努力いたします。
 最後になりますが、本年も皆様方からのご指導ご鞭撻を賜りながら、全力でこの職務を全うする所存ですので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

TOPへ

  

副理事長 所信

副理事長 宮橋勝栄

 我が国は、先の大戦で人口の5%、国富の4分の1を失いました。戦後の出発は想像できないほど過酷なものだったと思います。しかし、そこから国民一丸となった必死の努力により、安定した民主主義国家を築き、世界第2位の経済大国となり、充実した福祉と優れた公衆衛生により世界一の長寿国家となりました。
 我々が住まう「こまつ」においても、直接的な戦禍は逃れたものの戦後の過酷さは例外ではなかったものと思います。しかし、そこから地元企業は世界へと飛躍し、また北陸の空の玄関口として確固たる存在となった小松空港をはじめとする交通網の充実により、ひと・ものの行き来を盛んにして富を産み出し、それを福祉へと還元してきたことで全国でも有数の住みよい地域になることができました。これもひとえに、先人たちが混沌とした時代の中でも、自己の成長とともに力を合わせて明るい豊かな地域の実現を目指してきたことによるものと感謝の念に堪えません。
 翻って今を考えると、経済的には長らく続くデフレ経済の中でも便利な生活ができることに安穏とし、社会の成熟と捉えて成長を意識することなく過ごしてしまっているのではないでしょうか。これでは人口減少の時代には衰退の途へと進んでいきかねません。今こそ、我々は改めて成長を求め、自らが創業者たる精神で能動的に挑戦しなければなりません。
 そこで本年度、副理事長として理事長を支えるとともに、創立60周年を迎える小松青年会議所にとって、その第二創業期と捉えて新たな成長の途へ進んでいくことができるよう、次の10年のアクションプランを策定して、はじめの一歩を踏み出します。また、会員拡大チームを結成して伝統ある小松青年会議所とともに成長していくことができる人材を発掘します。そして、他の理事と連携して、新会員を含めたメンバー全員が壮快なJC運動と秩序あるLOM運営ができるように努めて参ります。
 最後に、先人たちの想いに我等が今、何を応えるべきかを自問自答し、またメンバー同士との対話の中から、個人と組織の成長が地域の成長へとつながっていくよう努力して参る所存です。皆様方のご指導ご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

TOPへ

  

専務理事 所信

専務理事 嘉文

 小松青年会議所が創立60周年を迎えるにあたり、まずはこれまで組織を存続いただいた先輩方に感謝し、これまでご支援ご協力いただいた市民・行政・諸団体、地域に感謝をし、なにより自分たちを送り出してくれている家族、会社に感謝をしなくてはなりません。そして、これからさらに小松青年会議所が70年、80年と存続させていくためにはメンバー一人ひとりが成長し、地域から必要とされる存在へとならなければなりません。
 今年度私は専務理事として、先輩方に、地域に感謝を表し、この組織を魅力的で、成長の機会にあふれた組織にしていきます。メンバーへ成長の機会を提供することで一人ひとりが成長し活躍することが組織の成長に繋がり、延いては、地域の発展へと繋がると考えます。多くの機会を提供する為には円滑かつ適正な組織運営が求められます。年間スケジュールの徹底、適正な会議運営、さらにブロック協議会との密な連携から各種大会、事業への参加推進を進めます。また各委員会へ円滑で効果的な委員会運営を指導するとともに、LOM事業の主役となる委員長が全力で事業に取り組めるよう最大限のサポート体制を築いてまいります。また市民・行政・諸団体との関係を密に地域に根差した活動を行い、お互いが高めあえる関係性をつくり、メンバーの視野を広げるとともに、青年会議所の枠を超えて多くの成長への機会を提供します。さらに60周年事業を成功させるためにも、メンバー同士の意思統一を図り、結束力を高めるためにもメンバーとのコミュニケーションを密にとってまいります。そしてこの周年事業を通して多くの成長、さらには多くの感動を共有してまいります。
 先人たちの想いに我々は今何をすべきなのか。我々は地域に、家族に、会社に、活動させていただいているということを忘れてはいけません。常に感謝の気持ちを持ち、先人たちが築き上げてきた想いを、自分たちが受けてきた想いを次に繋げていくため、我々は率先して行動していかなくてはいけません。メンバーに能動的に行動していただくためにも、私は専務理事として誰よりも率先して、そして能動的に、メンバーに感謝の気持ちをもって行動してまいります。ご支援ご協力、よろしくお願い申し上げます。

 

TOPへ

  

財務・公益審査担当理事 所信

財務・公益審査担当理事 藤井歳正

二宮尊徳氏の言葉に、「道徳なき経済は罪悪であり、経済なき道徳は寝言である」とあります。つまり、経営理念・経営哲学がない経済活動は罪悪を生み出す恐れがある。4年目を迎える公益社団法人として、今必要とすべきことはこの「論語と算盤」であると考えます。JC活動の基盤となる財務・規則面の健全化を図りながら、組織や事業の透明性、開示性、公共性を明確に示し、地域からの付託と信頼を得るべく活動します。さらにメンバーの会費を公益性・有効性に繋がるよう、しっかりと検討し「明るい豊かな地域」に向け、正しい行いを以て、正しい結果を得るよう行動してまいります。
 60周年を迎える本年、財務及び公益審査を担当する理事として、公益法人に関する各種マニュアルをよく理解したうえで、各委員会が立案する収支予算書及び事業計画書が定められた会計基準及びコンプライアンスに則しているかを審査し、必要に応じて指導を行います。そして事業実施後、計画通りに適正な運営や予算執行が成されたかを検証することで、公益法人格を維持するための信頼性の確保に努めます。また、事業を行うための費用支出が、事業目的に適合しているかを綿密に精査することで、効率的且つ健全な事業の実施をサポートし、さらに事業などで使用する知的財産権の保護に厳重に取り組むことで、コンプライアンスに対するメンバーの意識を高めてまいります。
 先人たちへの感謝と地域への郷土愛を高める為にも“アクティブコンソーシアムこまつ”の実現に向け、小松青年会議所を取り巻く環境の変化、価値観の変化をしっかりと情報収集し「アクションプラン」の策定を行い、60周年記念式典の盛大な開催と成功を目指します。
 財務公益審査担当理事としてスローガンに掲げる「報恩謝徳~先人たちの想いに我等が今~」を基に今まで先人たちから受けた恩を地域やメンバーに恩返しをして、この小松青年会議所の更なる発展の為に寄与していきたいと思います。1年間どうぞよろしくお願いいたします。
 「報恩謝徳の厚志があらば、神明の加護もあろう。」

 

TOPへ

  

60周年実行委員長 所信

実行委員長 博隆  

1958年、この地域を担うべく33名の若者たちが集結し、「自己の修練と社会への奉仕、相互の親睦」を目的とする設立趣意書に基づき小松青年会議所が設立されました。そして本年、公益社団法人小松青年会議所は設立趣意書を旨に連綿と運動を展開し続けた結果、創立60周年を迎えることが出来ました。
 そこで、創立60周年を記念して、公益社団法人小松青年会議所の過去の歩みを振り返り、先輩方への感謝の想いを込めた60周年記念式典、記念講演会、そして更なる地域の発展を願い、記憶に残る記念事業を行います。それが今後、地域の皆様と共に能動的に行動、チャレンジして行く場や機会の提供の一助となり、「アクティブコンソーシアムこまつ」の実現へと繋がるものと確信いたします。また私たちが行うJC運動が10年先を見据え、小松のまちづくり・ひとづくりに寄与するために、これからの私たちの活動指針となるアクションプランを策定いたします。私たちの先輩方は、今日まで「地域に必要不可欠な青年団体」を目指し、青年経済人としての自己の修練はもとより、まちづくり事業・ひとづくり事業など様々な事業を展開してまいりました。その活動・行動全てが私たちの「道標」でありました。その様々な活動を検証することにより、私たち自身が「道標」として行動する未来への方向性を見出す礎となることでしょう。
 今現在、小松青年会議所に所属するメンバーのうち約半数が入会5年未満となり、前回の50周年を経験しているメンバーは1名もいません。活動する1年で組織図をはじめとした改変が行われて単年度制を実施しているこの青年会議所活動は、その1年間で得た経験や知識がその人だけのモノとして途切れてしまっては何の意味もありません。1年1年の積み上げた活動を次代に継承し、そしてまた新しい1年を活動していくメンバーが新しい次代を積み上げていく。その流れこそ真の単年度制の良い所であり目指すべき青年会議所運動に繋がる事だと考えます。
 60周年という時の流れをメンバー全員が共有し、各々の役割を認識し、責任感を持つ中で、全ての事業を大成功裏に導く事こそが私の責務と考えます。ご理解ご協力宜しくお願い致します。

 

TOPへ

  

総務事務局 基本方針

事務局長 宮竹皓一 

本年、公益社団法人小松青年会議所は創立60周年を迎えます。先導して画期的なまちづくりをしてきたことやJAYCEEとしての誇り高き言動は、メンバーに代々受け継がれてきました。弛まぬ努力によって築かれた伝統は、強い意志を持ち続けた先人たちの賜物であります。次代にバトンを確実につないでいく意識と感謝の気持ちを持った我々が、能動的に運動・活動に取り組み、一人ひとりがさらに発展、成長していく必要があります。
 まずは、本年のスローガンを理解して足並みを揃えるために、「報恩謝徳~先人たちの想いに我等が今~」をメンバーに浸透させ、LOMの団結力を高めます。また、メンバー一人ひとりが使命感を持って活動するために、今どんな活動をしているのか最新の情報を発信し、これからどのような運動が展開されるのか熱意を持って伝え、スケジュール調整が可能なよう余裕をもって案内します。そして、各種大会や委員会事業に一人ひとりがコミットしていくために、参加して学びや気づきが得られるよう配慮し、各委員会との連携に努めます。さらに、我々の運動を幅広く知ってもらうために、ホームページやSNS等を駆使し、青年会議所が行っている地域貢献や活動について効果的に発信します。
 姉妹提携を結んでいるソウル衿川JCと一層深い関係を築いていくために、交流事業を実施し、メンバーが直接ふれあい国際経験を積める貴重な機会と認識し、各々の資質向上に繋げます。また、60周年のスタートを確固たるものとするために、先人たちへ感謝を忘れず、ご来賓の皆様のご指導を賜り、新たな10年に向けてメンバーの気概を発信する新年互礼会を開催します。定例会においては多くのメンバーが集うために、参加しやすい環境や興味のある企画の調査研究をし、理事長をはじめとするメンバーの想いが共有できる場とします。そして、大切な議案を円滑に決議するために、厳かで規律ある総会の運営を心がけます。
 本年の事務局は「青年会議所でしかできない経験」をテーマに事業や活動に意味や役割があることを粘り強く伝え、その先に一人ひとりの発展、成長と明るい豊かなこまつの実現があると確信します。皆様方のご支援ご協力を心からお願い申し上げます。

 

TOPへ

  

会員研修室 基本方針

会員研修室室長 川田拓也

 一昨年に北陸新幹線金沢開業を迎え、金沢は特にその影響を充分に受け、まちは大きく発展しました。しかし、こまつの地では目に見える発展は少なく、この機会を有効に活用しようと率先して行動する市民が不足しているのが現状であり、能動的に動く地域のリーダーが求められています。小松青年会議所はこのような時代の変化に対応し、60年という長い歴史を積み上げて、青年たちが自己啓発・修練を行い、培った力で地域社会に貢献をしてきました。「明るい豊かな地域」の実現のために我々は今後もさらに地域のリーダーとして率先して行動する意識を向上し、運動を展開していく必要があります。
 本年度の会員研修室では、これまで先人たちが行政、各種団体との協働により積み上げてこられた信頼関係をさらに高め、地域のリーダーとしての資質の向上を目指します。そのためにはメンバーが精力的にJC運動に取り組むことが大切であり、JCをよく理解し、会員としての責任感を意識しなければいけません。よって、会員として、そして責任ある社会人としての意識を高め、JAYCEEとして身につけなければならない事柄を、アカデミー事業を通して行います。また、自己啓発や修練、地域社会に奉仕するという志は、共に行動する仲間がいることでさらに高揚し、継続する力となり「明るい豊かな地域」を目指し続けられる原動力になります。そこで、仲間との親睦を深め、充実したJCライフをおくることができるように会員交流事業を行います。メンバーの資質を高め、築き上げた絆で地域に奉仕し、意欲をもってJC運動を行うことができれば、次代の担い手にふさわしい責任感をもったリーダーとなり、延いては地域の発展に繋がると確信いたします。
 最後に、地域の各種団体と連携し、自己の成長ができる機会があるこの小松青年会議所を築き上げてこられた先人たちに感謝の気持ちを忘れず、そしてこの運動を次代へ確実に継承できるよう、会員研修委員長をはじめとする委員会メンバー全員で事業に取り組んでまいります。皆様方の温かいご支援、ご協力を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

 

TOPへ

  

地域活性室 基本方針

地域活性室室長 西功太郎

 北陸の空の玄関口・小松空港、建設機械に代表されるものづくり文化、歌舞伎十八番勧進帳の舞台・安宅関、九谷焼に代表される伝統工芸、昨年の「珠玉と歩む物語小松~時の流れの中で磨き上げた石文化~」の日本遺産登録など、伝統と長きにわたる発展の中で様々な魅力を持つこまつ。こうした魅力の数々を国内外に明確にアピールし、特長が広く評価されてこそ、地域はさらなる発展を遂げ、これらの魅力は真に市民の宝になると考えます。
 公益社団法人小松青年会議所は創立60周年を迎え、創立50周年ビジョン“空都(KUTO)” に続く新ビジョン“アクティブコンソーシアムこまつ”を提示します。先ず、我々こそが能動的市民の旗印となり、先人たちへの感謝の心と地域への郷土愛を持つことが不可欠です。そのうえで、地域の魅力を最大限活かし、他に誇れる“アクティブコンソーシアムこまつ”を北陸新幹線がこまつへ開通している10年後に築くべく、人々が集い、人々がさらに絆を強め、世代を経て未来につながる活動を進める必要があります。
 地域活性室では、私たちの活動が子供たちに、社会にどのような相乗効果を生み出すかを中長期的な視点で深く追求し、地域が今抱える課題へ即応した事業を推進します。なかでも、定住人口のさらなる増加と市民の地域に対する愛着はこまつの発展に不可欠と考えます。今、年少人口と共に国内全体で減少している生産年齢人口の中での若年層にも焦点を当て、多くの人々が集い、多くの人々が生き生きと暮らすこまつの創造に私たちは寄与します。その過程で必要とされるのは、我々の想いを地域の人々に広く伝えることと考えます。私たちは一年を通じて地域の諸団体と連携し、想いを共有する同志をこまつの中で多く見つけ、新しい絆をつくり強めることで、地域を活性してまいります。
 地域活性室は、10年後の未来の糧となる、この60年の節目に相応しい効果的な事業を展開します。先ずは、60年の歩みの重みを噛みしめ、本年度スローガン「報恩謝徳~先人たちの想いに我等が今~」を一年間の行動基準とし、誠実な姿勢で地域と向き合い、「明るい豊かなこまつの創造」に努める所存です。皆様方の温かいご支援とご協力を心よりお願い申し上げます。

 

TOPへ